費用の心配

医師1

B型肝炎の給付金を受け取るためには、国を相手にした訴訟が必要になってきます。

書類の準備から始まり、訴状の作成をおこなっていく必要があるでしょう。裁判所での和解協議もしていくなど、専門的な知識がなければいけません。

もちろん、ひとつずつやっていくこともできますが、スムーズには進まないのはだれでも理解できるところです。給付金の支給という点では、弁護士を活用してしまうことが早いでしょう。弁護士に相談して依頼することによって、サポートを受けるだけではなく、スムーズに支給までつなげていけるからです。

弁護士というと、費用が高額になると考えるのは当然でしょう。これが相談への障壁となってしまうことも予想できます。多くの弁護士事務所では、こうした問題も理解しており、初回の相談は無料といったかたちが増えました。

訴訟の依頼をしたのちは、相談料はかからないことがほとんどですので、まずは自分が要件を満たしているか相談してみるのも方法でしょう。

現状が判断できる資料を用意しておけば、スムーズに時間をかけずに相談も可能です。国としても手続きが煩雑になることから、弁護士費用の補助などもあります。支給された給付金から支払いもできるようになっているのがほとんどですので、経済的な負担をあまり考えずに、まずは相談してみるべきでしょう。

弁護士は強い味方